花たねひまわりの育て方

花たねから素敵なひまわりを育てよう

ひまわり花たね 夏の花と言えば、いろいろ思い浮かびますが私なら『ひまわり』です!綺麗で鮮やかな黄色の花びら。太陽に向かってまっすぐ伸びる姿。何だかこっちまで元気が出てきます。ひまわり畑など一面に広がっているとそれはもう圧巻の景色ですよ。このページでは、そんなひまわり花たねの育て方についてお話していきたいと思います!

ひまわりってどんな花?


ひまわりといえば結構、日本の夏をイメージさせてくれますよね。しかし原産国は、北アメリカのテキサスやカリフォルニアだそうですよ。ちょっと意外ですよね。それでも私にとっては、日本の夏の風物詩です!ちなみにみなさんがよく知るひまわり以外に、野生のもので実に60種類ほどが存在しているようです。

ひまわりは、一年草なので発芽、開花を経て種ができると枯れてしまいます。では、ひまわりの放たねの育て方についてお話していきましょう。

花たねひまわりを育ててみよう


まずは、ひまわりの放たねのまき方についてお話していきましょう。花たねをまくのに適した時期としては、『4月下旬~5月頃』となっています。発芽適温は、『22℃前後』と少し高めとなっていますよ。つまり早い時期にまいてしまうと発芽しないことがあるので気をつけなければなりません。

ひまわり花たねをまく用土


ひまわりの花たねをまくなら、用土にもしっかりと気を配らなければなりません。ひまわりが好む用土としては、腐葉土や堆肥を含んだ肥沃な土。それでもあまり土質にこだわらなくても、しっかりと育ってくれる強い花です。

花たねをまくのに適した場所としては、日当たり・風通しが良好である場所です。風通しが良いところであれば、病害虫が発生するリスクを抑えることができますよ。ひまわりが育ちやすい環境でしっかりと世話をしてあげましょう。

Copyright(c) 花たねから育てよう~いろんな花の育て方紹介~. All Rights Reserved.